HOME > 取り扱い機種一覧 > TEREX DEMAG AC360/6J
取り扱い機種一覧

取り扱い機種一覧

TEREX DEMAG AC360/6J

セールスポイント

  • クラス最長の64mメインブーム
  • ラッフィングジブの長さは、最長で72m
  • 最長コンビネーションは125.7mでクラスをリードする
  • 作業半径84mまでのコンビネーションはクラスをリードする
  • 6軸クレーンキャリアとしては最もコンパクトで全長16.7m
  • ラフィングジブ組立作業時の高所作業を画期的且つ安全にした自走式ブライダルシーブ接合システム
  • 取り付けが容易で軽量コンパクトなスーパーリフトマスト
  • 環境負荷を考慮した軽量で強固な車体
  • 安全・機動性・効率アップ

IC-1コントロールシステムとは?

TEREX DEMAG社最新の制御システムであり主に以下の内容について制御できます。

  • 各アウトリガー反力をリアルタイムに監視し異常があればオペレーターに警告を発し注意喚起します。
  • 作業範囲に制限がある場合コンピューター制御により安全に減速自動停止します。
  • カウンターウエイトをはじめ、ブームの伸縮もコンピューターによる自動伸縮を行います。
  • 全ての電気、油圧回路をIC-1システムに一括統合し総合的にクレーンを制御あらゆる情報がカラーモニターにて確認出来ます。

セーフティステアリングシステム

状況に応じて以下のモードが選択できます。

通常の行動走行モード
(45km/h以下の場合後軸ステアリングを行うがそれ以上は ステアリング操舵がなくなりオペレーターの負担を軽減し安全性の向上に寄与)

現場内移動時 
クラブステアリングモード、
壁面離脱モード(キャりア後部が一定範囲以上はみださない)、
クランプステアリングモード(最小回転半径)がスイッチ1つで選択可能そのほかに後軸独立操舵モードも装備。 
20km/h以上は自動的に各モードがキャンセルされヒューマンエラーを防止する。
※ABS、トランスミッション、ステアリング、エンジンが多重電装接続し相互に最適な状況で作動します。 

車検姿勢時走行軌跡図

最小直角通路

構内移動時走行軌跡図

最小直角通路

ページの先頭へ