HOME > 取り扱い機種一覧 > 次世代リフターCL-500
取り扱い機種一覧

取り扱い機種一覧

次世代リフターCL-500

特徴

  • 新開発のセルフ・アクション方式
    トラックやトレーラからの積降ろし作業は、リフター本体が自力展開・収納、ジャッキ全伸長・全縮小までを、完全に手元操作で行える、醸的なセルフ・アクション
    方式を採用。組み立て・分解作業時の省スペース化とあいまって作業性が大幅に向上しました。
  • 新開発のセルフ・アクション方式
    格納時は全高1.55m、全幅2,4mと驚異的なコンパクト設計。従来のトレーラや低床トラックに限られていた搬送に、汎用性の高い11トン高床トラックでの搬送も可能とし、機動力と経済性がさらに高まります。
  • 分解作業性能
    ジャッキ幅最大寸法を広く(最大4.962mm)、前後方向寸法を限りなく狭く(4,000mm)設定することにより、オールテレーンクレーンや車両の差し込み搬出が容易となりました。
    ジャッキ幅は、2段階に設置可能。設置場所や、搬送キャリア、重量物設置工事などの状況に応じて選べます。
  • 余裕のパワーとジャッキストローク
    せり上げ能力は50トンと余裕のパワーを誇ります。
    また傾斜地や、凹凸のある場所での作業性を確保するため、ジャッキアップ時の最大使用高さを5,624mmと、大幅にアップしています。

狭小地での大型機種の組立作業STEP

  • ①リフターの搬入
    大型トラックにてリフターを搬入し、リフタージャッキを起立させる。

  • ②自力にてジャッキを展開・伸長
    リフターのジャッキを起こし、横へ廻してジャッキを伸ばして張出す。

  • ③トラックの搬出
    リフターのジャッキを全伸長して、リフター搬送用トラックを搬出する。

  • ④リフター搬送用トラック退場後
    旋回体吊り上げ用治具を取り付けてジャッキを全伸長させる。

  • ⑤旋回体搬送トレーラの搬入
    リフターのジャッキを旋回体の所定の位置まで下げて、リフターと旋回体を接続させる。

  • ⑥旋回体の吊上げ搬送トレーラの搬出
    旋回体を吊上げ、その後リフターのジャッキを全伸長させる。搬送用トレーラを搬出する。

  • ⑦クレーンキャリアの搬入と取付け。
    旋回体を吊上げた状態でキャリアを搬入する。リフターの上下左右の調整で旋回体をキャリアに取付ける。

  • ⑧旋回体付キャリアの搬出とブーム搬送用トレーラの搬入
    ブーム搬送用トレーラをリフター内に搬入させ、リフターのジャッキを下げてリフターとブームを接続する。

  • ⑨ブームの吊上げ
    リフターのジャッキを全伸長させブームを吊上げる。

  • ⑩ブーム搬送用トレーラの搬出
    旋回体付キャリアを搬入し、ブームを取り付ける。

  • ⑪組立完了
    組立を完了し、リフターを大型トラックに格納して搬出する。

使用可能機種

使用可能機種
AR-5500M (550t吊り)
ATF360G-6 (360t吊り)
AC360/6J (360t吊り)
AR-2000M-2 (200t吊り)
KA-1300SL (130t吊り)
AR-1000M (100t吊り)

仕様

寸法(格納時)
全長 8,490mm
全幅 21,400mm
全高 1,555mm
質量 約10,500kg
リフト本体部
最大せり上能力 50t
ジャッキ張出寸法

中間張出(55°)
左右4,417mm 前後5,728mm
最大張出(90°)
左右4,962mm 前後4,000mm

最大使用高さ 5,624mm(セット位置高さ)
ジャッキ段数 3段
ジャッキストローク 5,400mm
セット装置位置合わせ 左右移動±125mm
前後移動±125mm
リフター操作 リモコン
安全装置
油圧シリンダロック装置
油圧安全弁
非常用格納ポンプ
ジャッキ起伏・張出・伸縮インターロック
安全装備品

制御盤パネル警告灯
 バッテリ充電
 エンジン油圧
 工ンジン水温
燃料残量

 警告表示灯(前後各1個)
 緑色:運転黄色
 黄色:燃料減少
 赤色:異常

ブザー
非常時警報、動作時警報(消音付)
作業灯(前後)
着脱リフター吊上げ用吊り環
安全帯取付け用ブラケット(フレーム下部、8カ所)
車両進入用マーカー(幅方向)

ページの先頭へ